第8回 トラチャイ/ソトアソビ1月19日終了

トラチャイ ⑧1月19日「登山道準備」                  

前回の設計図製作に基づいて、自分たちで採寸した通り木材等を加工したり色を塗ったりします。大人でもこの太さの木材を切る機会はあまり無いと思われますが、子どもたちにとっては未知なる体験。加工する事の大変さ、加工されて商品が並んでいる有難さを感じてくれればと思います。

ソトアソビ⑧1月19日「伝承あそび」                   

毎年恒例の伝承、お正月あそびを展開し、カルタなどの室内あそびも含め、羽子板やコマ廻しなど実施しました。最近は学校の「生活の時間」で取り上げられている事もありますが、未体験や出来ない子が多いのが現実です。それは簡単に出来る、または出来る事しかしないのが最近のあそび。コツを掴むまでとても大事なので、すぐに諦めずにトライ&エラーを繰り返し身につけよう!

この月の写真は撮りそびれてしまったので、
写真は2月に行った伝承遊びのふりかえりシーンを掲載しています。

第7回 トラチャイ/ソトアソビ12月15日終了

 トラチャイ ⑦12月15日[山を知る②]
今年は高地山で以前は使われていた登山道を整備します。今は道が荒れて、もし迷ってしまうと危険な状況になってしまいます。その登山道を今回は下見して、どこをどの様にしたらいいか話し合い設計図を製作しました。今回は階段を作ります。

ソトアソビ  ⑦12月15日[体を駆使する] 

前回のバランスを更に駆使して「スラックライン」に挑戦!いきなり飛んだり、跳ねたりは出来ませんが、まずは立つところから。徐々に慣れたら1歩あるいて、その歩数を徐々に増やしていきます。ベルトの上に立ったり、座ったりできるかな?

アドキャン2019(チャレンジ・アドベンチャーキャンプ)リアカーの旅終了

③リアカーの旅チャレンジ 
本 番:令和元年10月26日(土)〜27日(日)
会場:福岡県および近郊県

今年は2チームでチャレンジしました。山頂までひたすら登り続けるチームと、他県にある城目指して進むチーム。簡単な道のりはチャレンジではありません。ひたすらガンバってたどり着いた時に出会えた景色は一生モノです!

第6回 トラチャイ/ソトアソビ 11月17日 終了

トラチャイ ⑥11月17日[山を知る]  

野外活動センターを中心に叶岳 高地山 高祖山 鐘撞山と4つの山が囲んでします。これらの登山道をトラチャイでは整備し続けています。地元の山を知り、その山を楽しんでいる方々へ安全に楽しめる様、登山道、階段、道しるべをつけています。今年もその時期がやってきました。まずは以前の参加者が作ってくれた登山道を見る(壊れていたらメンテナンスする)ために4つの山を縦走します。

ソトアソビ ⑥11月17日[忍者になろう]

飛んだり、跳ねたり、潜ったり野山でアドベンチャーハイク!「パルクール」の様にフィールドを跳ね回ります。色んな動きでスピード、バランス、タイミングを遊びながら育みます。残念ながら写真はありません。

第5回 トラチャイ/ソトアソビ 10月6日終了

トラチャイ ⑤10月6日[木登り大会]

毎年恒例の木登りです。なかなか木登りができる環境が減った今だからこそ、木登りが貴重な活動になりました。危険予知やバランス感覚、自分でやり遂げる事。また視界が変わる事により、自分の事に思いを馳せてもらえたらと思います。午前中は1〜2年生のソトアソビのメンバーと共にミニ運動会で暴れました。

ソトアソビ ⑤10月6日[木登り体験]  

毎年10月は3〜4年生のトライチャイルドキャンプのメンバーと合同で午前中は「ミニ運動会」、午後は「木登り」です。目的はトラチャイの報告でもう少し細かく触れましたが、自分でガンバル!体験です。

第4回 トラチャイ/ソトアソビ 9月8日終了

トラチャイ ④9月8日[水生生物を知る]

我々の環境には様々な生き物がいます。その生き物がそこにいてくれる事によって、私たちに様々な恩恵を与えてくれている事もあります。今回は川の中の小さな生き物ですが、それらの生き物でその川の状況を知ることができます(指標生物)。さて、どの様な生き物と出会えたかな?

ソトアソビ ④9月8日[ボールをコントロール →投げる コントロール]

フリスビーではありません。フリスビーは商品名です。これはフライングディスク。誰もが投げたことがある道具ですが、実は正しい投げ方を知っている人は僅か・・・。今回はケガしないために正しい投げ方で体験し、楽しんでもらいました。

アドキャン2019 (チャレンジ・アドベンチャーキャンプ)手作りイカダチャレンジ 終了

準備会:令和元年7月14日(日) 会場:福岡市立今宿野外活動センター    本 番:令和元年8月24日(土)〜25日(日)  会場:筑後川 四阿屋

筑後川をどこまで下れるかにチャレンジするイカダチャレンジ!7月は自分たちのオリジナル手作りイカダの設計図を製図し、それに必要な竹を切り出します。その竹で初日は制作と試乗し、2日目にひたすら漕ぎます。今年はどこまで漕ぎまくれたか!

サバイバルマスター養成キャンプ もしとき教室 8月3日〜4日終了

7月も減災教育でしたが、今回のキャンプは(一社)72時間サバイバル教育協会が提供している検定活動と連動して合格したら合格証がもらえる内容でした。内容はシェルター・ウォーター・ファーストエイド・SOS・チームビルドでした。不合格も勿論ありますが、そこで体験して学んだ事を今後に活かしてもらえたらと思います。